昔話 〜屁っこきあねさ〜
「おなら」を我慢していた嫁の、とてつもなく大きな「おなら」におばあさんは吹き飛ばされ、たいへんな目にあうというお話です。
ザーと昔があったと。町方のしょが秋山から嫁をもらった。昔から体格美人と言うから、よりによって、体の大きい、ニンダイのしっかりした
嫁をもらったがんだと。なじょうにかこの嫁がこまめに稼ぐし、気がらも優しいし、家のしょも喜んでいた。
嫁を春もらって秋になったればなじょうにか痩せてしもた。じさもあにも仕事に出てしもて、姑婆さと嫁の二人になった。
 婆さが言ったと。『あんね、あんね、お前は何か心配ごとがあるんでねえか。今年の春、おら家に嫁に来た時はとっても体格がよかったが、
だんだん日がらがたつにつれてめったに痩せてくるが、おらしょも仕事に出て留守だんが、何か言いたいことでもあったら言わっしゃれ』

婆さ、おらあんまり我慢して痩せてしもた
そら何のことだやれ。もっとはっきり言ってみれやれ
おらあんまり屁が出たくて出たくて、どうしょうもねえども、嫁に来る時、親しょが嫁に行ったら不調法のことはするもんでねえと言われたんだんが、
あんまり我慢して、それで痩せた。おら、仕事はどんげことをしても苦にならんども、屁が出たいのを我慢してるのが何より辛い

なんだ、そんげこったか。そんげ無理して我慢してれば、体に毒だ。出たければ楽々とこけやれ
お前がそう言うたら、もう我慢がならん。人が居て悪いんが、おらあっちへ行ってこいて来るぜ
そんげ気がねなんかしねえでいい。ここでこけやれ
はちゃここでいいかい。もうしゃけねえが、一時囲炉裏っぷちにとっつかまってくらっしゃれ。いいかい
と言うて、『ズボーン』となじょうにか、イッソイ屁をこいた。
婆さは囲炉裏にくっついていたら火棚の所までとびあがった。そして下へストーンと落ちた。
また続けて嫁が『ズボーン』と前と同じようなでっこい屁をこいた。婆さは火棚のところへ吹きとばされてストーンと落ちた。
と思うたら、また『ズボーン』とこいた。婆さはまた吹きあげられた。
 丁度、そん時、こうじ屋が家の中へ入ったとこだった。でっこい屁をこいたら、こうじ屋は、こうじ箱落として、前っかたの畑におしやられた。
そしてやっと大根にひっつかまった。と思ったら家のかど口にひき寄せられた。
「ズボーン」と屁をこいたら、又、前っかたの畑においやられ、大根にひっつかまった。とたんに又、かど口に引き寄せられた。
大根がかど口に山程積まったと。家の中じゃ婆さが火棚に吹きあげられたり、おとされたりしていると。とうとう婆さが、
あんね、あんね、いいかげんにやめてくれ』とこわ音をあげたと。
嫁はこれくらいでいいと思ってこくのをやめたと。そして、やっと騒ぎがおさまった。こうじ屋は、こうじ箱を置きっぱなしにして、
ほうほうの態で行ってしもた。
婆さは囲炉裏っぷちにごなごなしていた。嫁はやっと元気のいい顔になって坐っていたと。イチゴサケモーシタ。
※この昔話は、「五十沢伊三郎編 解村記念五十沢郷生活誌(五十沢郷土研究会発行)」から引用しました。


前の話へ

五十沢観光協会

〒949-6775  新潟県南魚沼市宮288-2  TEL/FAX 025-774-2002