昔話 〜西国巡礼と日本廻国〜
嫁ぐ孫娘のために、おじいさんが嫁ぎ先の言葉を習いに行き、その言葉を使った孫娘が大変なことになるというお話です。
ザーと昔があったと。秋山になじょうにか器量のいい娘があったと。ある村にその娘が貰われていぐことになった。
嫁のじさは『よそ村の衆はオゾイ人ばっかというんが、娘が向こうへ行って恥かけばなんねえんが、よそ村の言葉をならいに行ってこう』と、
じさはやきめしをこしょうて貰って言葉をならいに行ったと。
 じさは道々、何かオゾイことがねえかと目をキョロンキョロンさして歩いた。そうしたれば、巡礼の子が村中で小便はじいていた。
じさは『こらこらお前今何してる』巡礼はきまり悪げに『おら西国巡礼してるがだ 』『ああ、そうかい、そうかい』じさは、こらいいこと聞いた。
この辺じゃ小便することを西国巡礼というがだな、よしよしと矢立を出して、忘れちゃならんと思うて紙に書いておいた。
 また少し向うまで歩いて行ったら、シウグリ(大便)していた人が道ばたにあったと。『お前は何だい、何してるい』とじさが聞いた。
そのしょはきまり悪げに『おら今、日本廻国だ 』と言うたと。じさは『ははーん、このあたりじゃ、アッパこくことを日本廻国と言うがだな』
と早速紙に書きとめた。そうしたれば、じさはこれだけ、いいことを覚えれば沢山だ、戻って娘に聞かせねばなんねえ、と家へ戻ってきた。
これこれ娘、向うへ行ったらいい子になって、間違いごとを起こさねえ様にしねえばなんねえ。
よそ村では、小便することを西国巡礼と言うし、アッパすることを日本廻国と言うがだ。ニシも、もしヨウサリ出とうなったらそう言ってやってもらえ

といいきかした。
 娘が嫁に行って初寝の晩になった。嫁はさっきから我慢していた小便が出たくなった。
あんさ、あんさ、もうしゃけねえが西国巡礼にやってくだされ』と下むいて言った。
馬鹿ばっか言うな。折角お前のような器量のいい嫁をもらったのに、
なんで西国巡礼にやらいろば、西国巡礼にはやらせねえ
』嫁は我慢していたと。
あんさ、あんさ、西国巡礼どこじゃねえ、こんど日本廻国だ。日本廻国にやらしてくれ』と言うた。
うんにゃ、おら、いっくらニシが頼んでも西国巡礼も日本廻国にも、なじょうにしてもやれねえ』嫁はとうとう我慢しきんねで布団のなかへ、
しょんべんとアッパをたれてしもた。
お前が西国巡礼と日本廻国にやらせねえばっかに、一度に出てしもたねけ』イチゴサケモーシタ。
※この昔話は、「五十沢伊三郎編 解村記念五十沢郷生活誌(五十沢郷土研究会発行)」から引用しました。


次の話へ

五十沢観光協会

〒949-6775  新潟県南魚沼市宮288-2  TEL/FAX 025-774-2002